2015第2問(2)について

今回は自力をつけるべく少しずつ場合分けして求めた.
実践的には余事象を使い,求めるべきだ.

(2)(別解)
求める事象の余事象a,b,c,dが4個異なる場合である.
これは_{6} P_{4}=6 \times 5 \times 4 \times 3通りである.
事象の確率は\frac{6 \times 5 \times 4 \times 3}{6^{4}}=\frac{5}{18}
求める事象の確率は1-\frac{5}{18}=\frac{13}{18}

広告を非表示にする