焦燥は続く(はれのちあめ・L:-0.6℃・H:6.0℃)

焦りの色が隠せない。
そんな木曜日だった。

一生忘れまいと思っても、たぶんこの焦りは忘れてしまうだろう。

関係ない話でも。
水戸黄門も考えてみれば「もしも」シリーズだ。

「もしも、副将軍が旅をして悪事を成敗し、
その同行の美人なお姉さんが旅先で毎度毎度入浴していたら…」

タイトルはこんなだろうか。

ほかの時代劇も考えてみると面白いかもしれない。