正月

正月は結局動き回っていた。
それでも正月ならではのいいこともあって、
歓喜するほどの量の映画をやっていたのだ。

気がついたのは、思った以上に自分はベタな映画が好きということだ。

広告を非表示にする