日記

書き終わり

年賀状を書き終えた。 たかが数枚書くのに、これほどのエネルギーがいるとは…。タイミングの良し悪しで、評価の良し悪しが変化する場合があると思う。 一番よく分かるのはお笑いである。他にも映画やドラマ、音楽、マンガ、アニメ…すべてにいえるのだ。

今年も残すところ

今年も残り5日となった。 長かったような、短かったような、そんな1年だった。1年の締めくくりといえば、そう、年賀状である。 もちろん覚えている。しかしなぜだろうか、まったく手がつかないのである。 むしろ書きたいのに。いや、むしろ書きたいというの…

統計と確率

確率変数という言葉がなじまない。 結局これは測度論としては可測関数になるわけか。 しかし通常は単なる変数として考えたくなるから…こんがらってしまう。

ほんの少しだけ頑張った

昨日は少しだけうなされていた。 今日はほんの少しだけ頑張った。 明日はもう少し頑張ってみようと思う。

こんにちは、12月

今年も終わろうとする12月。 何もしていないのに強制的に終わろうとする… ちょっと待ってくれ、今日は平行6面体の体積が身に沁みるほど分かったのだ。 ぼんくらな私にもう少し時間をください。

ケーキを食べた

本当に久しぶりにケーキを食べた。 生クリームが脂肪に直に働きかけるのはいうまでもない。 そういう意味では食事も薬を飲むこともそんなに変わらないような気がしてくる。いや、これはごまかしだ。 明日からまた運動を取り入れながらがんばろう。

ひとたび眠ると

一度布団に入ってしまうと出てきたくなくなる。 逆に今は布団に行きたくない、起きていたい。しかし気がついた。 これは「止まっているものは止まったまま、動いているものは動き続ける」…まさに、慣性の法則ではないか!

魔窟(実際には11/29に記述)

数学の記事と普通(?)の日記が混在しているこのブログらしきもの。 外から見ると完全に魔窟と化している気がする。 ルベーグ積分の更新もすっかりとなまけてしまっているし、他の数学ネタも単発品がおおい。 なんとかルベーグ積分の記事を更新して、常時の…

行列式の性質を思い出す

勉強からどうしても離れてしまう…。意志が弱い。行列式の性質を思い出そうと躍起になっている。 …が難しい。

ゆっくりできない

せかされている。 今までの人生にはない、せかされ方。

寝る時間

あっという間に休日は終わってしまう。 平日はあれだけだらだらと過ぎていくのに…。 これが、時間についての「相対性」なのか…?

今日知ったこと

あの有名な、にわとりが目玉焼きを見て悲しい表情を浮かべているイラスト。 LUKE CHUEH : I ASKED FOR SCRAMBLEDタイトルをみて驚いた。 「I ASKED FOR SCRAMBLED」つまり「スクランブルエッグを頼んだ」…。 悲しい表情の原因はそれかよ…!

もう寝る

早く寝て早く起きよう。

線形代数にはっとする

多様体を勉強したい熱は冷めることなく進行中である。 過去のあいまいな記憶をたどると、確か多様体には線形代数が不可欠だったはず…。 ということで、線形代数の教科書をひっぱってきてまた一から勉強しはじめた。基底の取り方に依存して、云々という昔まっ…

風呂につかりすぎる

風呂につかるのが気持ちよすぎて、ずっとつかっている。 しかしこれは実はよくない。 乾燥肌だからだ。

曲線と曲面

興味のおもむくまま、曲線と曲面の幾何学をまた勉強しようと思う。 原因は多様体を勉強したい、というところにある。 これは変わらない。なんやかんやで最近毎日日記を書いている。 これはこれで。

勉強放棄

今日はまったく勉強を放棄してしまった。 人には努力を迫り、自分は楽をする。 自分は嫌な人間だと思う。

多変数の微分について

Wikipediaに異常なほど詳しく書かれている。 読む気になった理由は多様体にある。 何度考えても多様体上の関数の微分はややこしく理解に苦しんだのだ。 それが先ほど、この多変数関数の微分を理解していないから分からないのでは、という結論に至った。 これ…

スマートフォンから日記を

なかなか書くのが難しい。 数式を書くのはほぼ不可能ではないかと思う。 こうしてPCのないときの応急措置として。 今は数学のネタをためておこう。

こんにちは、11月

のたくたとようやく11月。 時が過ぎるのが遅い気がしている。 ぼんやりもできない日々である。

一瞬

一瞬寝ることにする。

整理整頓

ものが溢れているのだ。 部屋中にそれはもう、必要なものかごみなのかもわからないほどだ。そろそろ自分の問題としてかたをつけなければならない。

昨日の証明

昨日の証明をようやく書き上げた。途中の中間値の定理が…というところは本来ならば増減表をかくべきところだ。 はてなのウェブ上だとなかなかかきにくい。 htmlのtableタグを使って作るしかないだろうな、という気がする。 今日のところは面倒なのでやらない…

アルフォート

最近毎日のようにアルフォートを食べている。 とにかくおいしい。 おいしいのはいいが、どんどん巨大化していいっているのは。

A版の紙について

A4サイズは210mm×297mmだそうだ。 比はまさにである。

変革

自分自身の生活がすこしずつ変わる出来事が連続して起こっている。 体や精神が変化してないのが自分でもがっかりするのだ。 もういいかげん変わったらどうだろうか、自分よ。

最大の星、おおいぬ座VY星

巨星への憧れ。 大きいというだけで、それはもうロマンの塊である。 しかし、この表題のおおいぬ座VY星、実はもう最大の星ではないそうだ。 さっき知った。 今ははくちょう座V1489星が発見された中で最大の星なのだそうだ。

こんにちは、10月

1日遅れ。 昨日はルベーグ積分の記事のまとめ方を考えていたら、更新を忘れてしまった。 本当にどうやってまとめたら美しくなるのだろうか。 今のところは次に書く方針でまとめている。 ・定義、定理…はそれぞれの通し番号にし、記事からも分離 ・記事にナン…

ふと思った

定義・定理・証明はすべて独立した記事にすればいいのか?

ルベーグ積分の記事をまとめている

測度の記事の全体像が見えたのでまとめに入ったのだが…。 どんどんわかりにくくなっていくのはなぜだろうか。 そもそもhtmlのよさを何も生かせていないのは悲しい。 なんとかしないと…。

区間の差

右半開区間の差は共通部分をもたない右半開区間の合併であらわせる、は絵で描くと単純明快である。 しかし、証明するには、というところで終わっていた。 今日気がついたのはに対してであるから、 と右半開区間の共通部分は,自動的に右半開区間になるという…

間が開いた

間が空くと同時にルベーグ積分の更新も滞った。 更新しよう、更新しようと思っても気がつくと寝ているのである。 ただただ疲れがたまっているんだなと自分でも思う。

解析概論に戻る?

面積分云々の話は最終的には解析概論に戻りそうである。話は変わって今週はハードすぎる。 自分の限界に挑戦、という気持ちでいる。

こんにちは、9月

あいかわらずへとへとだ。 数学もできなくて精神的にも不安定になっている。 早起きは三文の徳というので、早起きしてやろう。

もう寝ます

少しだけ書き進めたが、限界だ。 早起きできればいいな、という希望を持って寝ることにする。

思ったより

思ったより集合体であることを示すのに時間がかかっている。 補題一つに入力が一日かかってしまう。

自分がいかにしてルベーグ積分を勉強したか

名著解析概論にもルベーグ積分の章はある。 しかし、なぜかそれで勉強したことがない。 なんとなくよみにくそう、とっつきづらそう、という印象があったからかもしれない。 解析概論の関数論と微分積分学を読み終えたあたりで、 さてやってみるかとばかりに…

可測について

ルベーグ可測集合はルベーグ外測度とルベーグ内測度の一致で定義される場合が多い. ここでルベーグ内測度はコンパクト集合で定義するので,位相が関わりそうだ. 一方でカラテオドリの条件で可測性を定めるなら,この問題はひとまず考えなくてよくなる. ま…

勉強がはかどらない

色々なものが前に立ちふさがって勉強がはかどらない。 8時間睡眠が要る自分がこの時間まで起きて勉強しても足りない。 そもそも頭が足りていないことは自覚している。

ルベーグ積分の記事

記事どうしのまとまりがなくなってきた。 ある程度たまってきたら、きれいに見出しをつけてまとめよう。

ゲーム理論?

ゲーム理論について少し調べてみた。 なんだか面白そうな分野だった。 駆け引き論という感じ?

ルベーグ積分への流れ

予定ではカラテオドリの条件を満たす集合系は集合体であること示したい。 そしてがカラテオドリの外測度であることを示す。集合体であることをいった後は、ボレル集合体と内測度の話をする。 最後にルベーグ非可測な集合の存在を示した後、いよいよルベーグ…

頭痛と腹痛

うーん…ちょっと苦しいなぁ。 頭は痛いし、腹は下っている。ろくでもないよ。

平面図形の問題ばかり

なんだか平面図形の問題ばかり取り上げている。 脳の興味が図形に向いているのかもしれない。

球面上の二点間の最短距離

今日の朝、ふと球面上の2点の最短距離はその2点を通る赤道の短いほうだろうと思ったので、証明しようと思った。 ところがまったくその方法が浮かばなかった。 たぶん昔習ったはずなのに…。今曲線・曲面論の本を開いたら、見事な方法が載っていた。 しかしま…

日付をまたいでしまった

打ち込むのは案外時間がかかるということだ。

難しくなっていくこと

あることを長く続けていると、考えなくていいことを考えてしまう。 考えたせいでどんどん難しくなっていき、手に負えなくなる。 あまり難解になる必要はないのだと思う。ということで、今からルベーグ積分の記事を書く。

雨降り

雨が降った。しかもザーザーと。 これから強まるのだろう。

今日は雨降らず

持ってしまった、という感じか。 台風が迫っているので、雨は免れないだろう。

台風が来るそうだ

明日からは雨らしい。 じめじめと、そんな日々が待っているのか。